新着情報
『~太陽光発電設備~メンテナスに関するハンドブック』差し上げております。 詳細は⇒をクリック!

太陽光発電システム投資に対する不安を“あんしん”に変える 販売推進施策の切り札! 出力制御保証制度のご案内です。
“出力制御保証制度”とは?
販売促進等を目的として、貴社がお客様に対して、「法令にもとづく一般電気事業者からの出力抑制により受給されなかった電力量に相当する売電収入金額を10年間にわたって保証するしくみ」を提供するために当共済会が考案した業界初の保証構築支援制度です。
制度のしくみ
出力制御保証制度のしくみ
出力制御保証制度の3大プロテクト

当共済会が考案した『出力制御保証制度』をご導入いただければ、

3大プロテクト機能によって、予期せぬ出力制御リスクから

貴社の大切なお客様を10年間プロテクト!することが可能となります。


プロテクト1
出力抑制1回につき10万円

出力制御指示1回あたり10万円を限度に実損額を保証!

プロテクト2
見込売電収入金額20%

毎年、見込売電収入金額

の20%を上限に保証!

プロテクト3
万全なサポート体制・第三者機関

万が一、貴社に不測の事態が生じた場合でも、きっちりと最後まで10年間保証!



保証給付事例 以下をクリックすると画像が拡大します。
保証事故例 出力抑制回数及び時間を保証年度毎にカウントし保証金給付額を算出します。<ケース・スタディー>・所在地:佐賀県佐賀市・調達価格:36円・PCS定格出力:50kW・見込売電収入金額:年間196万円・出力抑制回数/時間:26回/208時間◆ 保証給付認定された出力抑制回数:26回※1 ◆ 売電収入金額:173万円 保証金給付額 196万円-173万円 = 23万円 ≦ 39,2万円(年間保証限度額)※2 ※1 出力抑制1回あたりの喪失売電収入金額が10万円以下となる場合は、毎回全額保証されます。※2
非営利型一般社団法人の自然エネルギー安心普及共済会が“出力制御保証制度”の導入を支援します!
当共済会活用の4大メリット
お手軽な導入費用 ①賛助会費(初回のみ)だけでスタートOK 当共済会は会員の相互扶助を目的とした非営利型一般社団法人です。低廉な賛助会費だけで、大手社並みの出力制御保証制度を導入できるため、いますぐにでもお客様サービスの充実を図ることができます。
簡単便利 ②特別な知識がなくてもプロにすべてお任せ! 貴社が独自に保証制度構築するよりも簡単に導入できます。保障制度運営に関する専門知識・面倒な事務手続きも不要!初心者でもカンタン・ベンリに他社との差別化ができます。
ローコスト運営 ③月々の定額コストは不要です! 当共済会にお支払いただく毎月の固定費用はありません。太陽光発電システムの販売・引渡しに伴い、お客様に保証を行ったときに、その都度、当共済会にご利用料金をお支払いただきます。
長期・安定制度運営 ④長期・安定的に保証制度の運営ができます。保証制度の運営に際して、気がかりな資金手当ても不要です。「10年間」長期・安定的に保証給付ができます!「国内保険会社のバックアップ付き」だから安心です。
当共済会が構築した業界初の出力制御プロテクト・プログラムは、中小中堅クラスの太陽光発電システム販売会社様を支援すべく最適・最善な制度設計を行っております。もう、大手社の後塵を拝することはありません。どうぞ奮って本プログラムをご活用ください!
非営利型一般社団法人の自然エネルギー安心普及共済会が“出力制御保証制度”の導入を支援します!
出力制御保証制度に関するよくあるご質問
「出力制御保証制度」とは、“太陽光発電システム販売会社である当社が、お客様に対して、出力抑制による喪失売電収入金額を保証規定等にもとづき金銭保証する損失補償的な制度”との理解でよろしいでしょうか?

はい、その通りです。太陽光発電システム販売会社の皆さまが、保証者となり「出力制御保証制度」を運営していただきます。当共済会は、10年にわたる長期保証制度の安定的かつ持続的な運営ができるよう制度導入から保証事務手続き等のアウトソーシングを目的とした事務局運営まで本制度運営上必要となる様々なサポート業務を通じて、皆さまをバックアップさせていただきます。中小クラスの販売会社様単独では構築が困難な保証制度を“相互扶助のしくみ”を活用して具現化した業界初の制度です。多くの皆さまのご参画をこころよりお待ちしております


お客様に対してお支払いする「保証給付金」は、当社が先払いしないといけないのでしょうか?

いいえ、先払いの必要はありません。保証者である太陽光発電システム販売会社の皆さまに代わって、当共済会がお客様に対して保証給付金をお支払いさせていただきます。詳細につきましては、当共済会までお問い合わせください。


保証対象となる太陽光発電システムの設置容量について教えてください。また、メガソーラーでも保証対応することができますか?

「出力制御保証制度」の保証対象となる太陽光発電システムは、システム設置容量(パワーコンディショナの定格出力)が10kW超~となります。メガソーラーシステムについても本保証制度の対象とすることは可能ですが、出力抑制指示1回あたりの保証限度額が10万円であることから、物理的に保証額が不足するのではないかと考えられます。 しかしながら、出力抑制指示1回10万円までの一次的な損失に備える意味において、本保証は有効との評価を頂戴しております。


当社サイドの意向によりお客様単位で「保証する・保証しない」を選択することはできますか?

いいえ、選択することはできません。 原則として、皆さまが販売されたすべての太陽光発電システムを保証対象機器とさせていただきます。詳細につきましては、当共済会までお問い合わせください。


当社(太陽光発電システム販売会社)が保証するのではなく、共済会が直接お客様を保証することはできないのですか?

はい、残念ながらできません。「出力制御保証制度」については、皆さまのお客様に対して当共済会が“直接”保証することはできないのです。ただし、皆さまに不測の事態(破産・事業撤退等)が生じた場合を除きます。あくまでも、太陽光発電システムを販売された皆さまがお客様サービスの一環として保証していただくことが前提となります。別途、異なるプランのご用意もございます。詳細につきましては、当共済会までお問い合わせのうえ、ご相談ください。


共済会の賛助会費・利用料金について教えていただけませんか?また、「保証の免責事由等」出力制御保証制度の詳細についても教えてください。

当共済会の賛助会費は、55,000円(一般社団法人太陽光システム推進協議会の賛助会費を含みます。)となります。また、 利用料金につきましては、太陽光発電システム設置容量および適用するプランによって異なります。 保証免責事由等を含め「出力制御保証制度」の詳細につきましては、当共済会までお問い合わせください。

その他のよくあるご質問はこちらから

非営利型一般社団法人の自然エネルギー安心普及共済会が“出力制御保証制度”の導入を支援します!

九州北部豪雨災害により被害を受けられた地域の皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

一日も早い復旧を心からお祈り申し上げます。